クレアチンを使う理由と効果&体験レポ【モノハイドレート】

私がクレアチンを知ったのがHMBが流行りだした頃です。

 

クレアチン

 

ガクトが広告に出ているHMBの謳い文句にクレアチンも入っていますっていう記事がありました。

 

そこで、クレアチンについて色々調べてみると、どうやら筋トレの世界ではかなり有名なサプリらしかったので、これは買わなければ!という思い出軽々しく買いました。

 

はじめは、バルクスポーツのクレアチンを買ったのですが、値段も高く量も少なかったので、コスパの高いNow Sportsのクレアチン・モノハイドレートを購入しました。
※純度の高いクレアチンをモノハイドレートというらしいです。

 

値段は2096円ととても安いのが特徴ですが、アメリカから送られてくるので購入後1週間ぐらいかかって到着しました。

 

色々なショップを見たのだけどiHerbという日本では馴染みのないサイトが一番安かったのでこちらで購入。

 

もし、iHerbで購入するなら、以下の紹介コードを使って購入すると5%オフになりますのでご活用ください。

 

紹介コード: SWD409

 

クレアチン
入れ物はアメリカンサイズで結構大きいです。内容は1キロ
子供がおままごとで使うバケツ程度の大きさはあるんじゃないかと思います。

 

クレアチン

 

クレアチン
錠剤タイプのクレアチンもありますが、値段が高いのでこういった粉状のクレアチンを買っています。

 

飲み方は至ってシンプルで、粉のまま口の中に放り込んで水で流し込むという方法。

 

間違ってこぼしてしまうと掃除機できれいにしなければいけないくらいめんどくさいけどなれると楽ですよ。

 

味と触感なのですが、味は無味です。食感はグラニュー糖のジャリジャリ感があります。

 

 

クレアチンに期待できる効果

1.パワーが上がる
2.パンプする

 

クレアチンのおすすめ摂取法

クレアチン
はじめの1週間は運動前か運動後にティースプーン小さじ大盛り1杯をフルーツジュースか甘いジュースなどに入れて1日3〜4回飲みます。

 

その後、クレアチンの効果を維持するためには、1日1〜3回に減らします。

 

3〜4時間は時間をあけて服用します。

 

使い続けて28日目以降は1日一杯におさえます。

 

クレアチンの効果的な使い方

クレアチンって定期的に飲み続けなければいけないのですけど、飲み続けると体の受け取る機能が弱まって効果が薄れていくそうです。

 

飲み続けているのに効果を感じられないと感じていたら、クレアチンを飲まない時期を設けると良いのだそうな。

 

例えば1ヶ月クレアチンを飲んでいたら、2週間は飲まない時期を作るなど

 

クレアチンをただ飲んだだけでは筋肉の組織に入り込まないらしいです。

 

効果的にクレアチンを筋肉に吸収させるためには、インスリンホルモンの働きを利用してあげるとより効果的にクレアチンを吸収できます。

 

糖質や炭水化物を摂取すると、インスリンがでてきますよね。

 

インスリンを活用すると、クレアチンが効果的に筋肉に運ばれるそうなので、効率的ですね。

 

クレアチンについての説明動画

こちらの動画はとても役立つのでおすすめですよ。

 

 

クレアチンを飲んでみて感じたこと

クレアチンとHMBは同時にに見始めたのでどちらの効果があったのかはわかりませんが、たしかに効果は感じました。

 

体重は落ちているのに、これまで組めていた足が組めなくなったという現象がありました。

 

足の筋肉肥大につながったのだと思いますが、たしかに効果は感じました。

 

上半身の筋肉については見た目ではよくわからないけど、大きくなった感はあります。